Satoshi Nakamoto

新着情報

RedotPayが日本人向けにカード発行一時停止を発表 暗号資産市場における革新的なサービス、RedotPayが注目を集めています。このVISAデビットカードは、BTC、USDT、ETHなどの主要な暗号資産を簡単に利用できることで知られ、多...
新着情報

【速報】RedotPayとBinance Payが提携を発表!!

RedotPayはBinance Payと提携して、Binance PayのユーザーがRedotPayカードに直接入金できるようにする 香港、2023年12月15日 - アジアで急成長しているWeb3決済ソリューションプロバイダーであるRe...
暗号資産ニュース

【保存版】ブロックチェーンでできる事24選!!

1. ファイナンスと支払い 仮想通貨: ビットコインなどのデジタル通貨は、中央集権的な制御を受けずに、ユーザー間での取引を可能にします。 国際送金: 銀行や金融機関を経由しないで迅速に、低コストでの国際送金。 スマートコントラクト: 自動実...
暗号資産の法律・税制

暗号資産を認めている国一覧(海外)

スイス(特にズーグ州) 会社設立のコスト: 一般的に中程度。スイスは高いリビングコストと高いサービスクオリティが特徴です。 税制面: スイス全体で比較的低い税率が魅力ですが、ズーグ州は特に低い税率で知られています。 特徴: "Crypto ...
暗号資産の法律・税制

日本における暗号資産の法律・税制

1. 法的枠組みと認定 仮想通貨の定義: 2017年、日本政府は「仮想通貨」を「資産的価値を有するもの」として法的に定義しました。この定義により、ビットコインなどの仮想通貨は「貨幣」とはみなされず、資産として扱われます。 仮想通貨交換業者の...
暗号資産豆知識

ビットコインの豆知識⑦

Replace by Fee (RBF): トランザクションの手数料を上乗せして、トランザクションの確認を速めるためのプロトコル。 Child Pays for Parent (CPFP): 未確認のトランザクションを確認するために、関連す...
暗号資産豆知識

ビットコインの豆知識⑥

Pay to Script Hash (P2SH): これにより、トランザクションの受信先が特定のスクリプトを満たすアドレスとなりました。多重署名ウォレットなどの実装を容易にするためのものです。 ビットコインのハルビング: 約4年ごとに行わ...
暗号資産豆知識

ビットコインの豆知識⑤

ホッジキンスの法則: 通常、技術が進化するにつれて、マイニングの電力効率は向上するとされています。これは、特定の時間内に消費されるエネルギーに関するものです。 ビットコインのエネルギー消費: ビットコインのマイニングは大量の電力を消費するた...
暗号資産豆知識

ビットコインの秘密③

21E8: 2018年にマイニングされたあるブロックのハッシュが「21E8」という文字列で始まったことが話題となりました。これは数学や宇宙の理論に関連するという意見もあり、一時的にコミュニティ内で盛り上がりました。 ホワイトペーパーの引用:...
暗号資産豆知識

ビットコインの豆知識②

「OP_RETURN」: ビットコインのトランザクションには「OP_RETURN」というオプションがあり、これを使って短いメッセージやデータをブロックチェーンに永続的に埋め込むことができます。 ビットコインのフォーク: ビットコインからはい...